悩みながら、色々な知識を調べて得て、失敗もしながら挑戦し得た肌

化粧水が浸透しない悩みから解放されだしたのは・・・

a3

28歳


化粧水が浸透しなくて悩んでいたのはこんなこと

どんなに化粧水をなじませ、化粧水パックをしても効果がありませんでした。

美容液やクリーム・オイル等も量を増やしましたが、全然改善されず、肌は乾燥から、しみ・くすみ・しわが目立つようになりました。

またメイク時も、メイク前にコットンパック等入念にしても、毛穴ケアやテカリケア、しみ・くすみをカバーというようなタイプをベースメイクに取り入れても、殆ど効果を実感できることはありませんでした。

これだけお金と時間をかけているのにと困っていました。

化粧水が浸透すると実感できるようになったきっかけはこれ

ふきとり化粧水や洗い流すパック、導入美容液や導入オイルと出会ってからです。

それを使うことにより、化粧水前のひと手間で、今まで浸透していなかった化粧水の量を減らしても、きちんと浸透して、肌質も変わってきました。

メイク時も今まで高価なものを使っていましたが、スキンケアをきちんとすることで、メイクの仕上がりやもちも良くなって、崩れにくく、また崩れがテカリでなく、ツヤ感に変化するようになりました。

メイクもがっちりメイクからナチュラルメイクになりました。

化粧水を浸透させるために注意したポイントと私のこだわりはこんなこと

温感クレンジングや敏感肌用クレンジング、肌に良い美容成分配合の石鹸や洗顔フォームといった、洗顔に注意しました。

上記のふき取り化粧水・洗い流すパック・導入美容液や導入オイルを使用するにしても、その前の洗顔も重要だと実感をし、メイクをきちんと落としてくれ、目等は部分クレンジングで優しく、温感クレンジングでマッサージや、生理時等は肌が敏感になるので、敏感肌用クレンジングに替えるなど、自分の肌の調子を見ながらアイテムを変えています。

化粧水が浸透すると実感するようになってからの私

肌質が改善されたのが一番嬉しかったです。

今までスキンケアに1時間ほど使っていましたが、平日に朝晩その時間を工面するのが大変でしたが、きちんと自分に合ったアイテムを丁寧にケアすることで、色々なメイクを楽しむことができるようになりました。

肌色・くすみ・毛穴・シワが軽減されたことにより、明るめのベースメイク、アイシャドウの色などで楽しむことができるようになりました。

またチークも暗めの色を使っていたのですが、明るいピンクやコーラル等も使え、メイクが楽しくなりました。

「化粧水が浸透しない」とお悩みの方へ

ホットタオル後に洗顔、導入美容液等の取り入れ、毛穴に悩んでいる方は保湿も足りないことが原因とも考えられるので、化粧水のコットンパック、また自分の肌悩みを改善してくれる効果のあるアイテムへ変更する。

また肌は毎日同じ調子ではないので、肌と向き合って、その時その時に必要なアイテムを使えるように、揃えておくこともおすすめです。

 

何をやっても化粧水が浸透しないという人に

 

 

  • 40代になり化粧水が浸透しなくなった
  • 何をやっても化粧水が入っていかない
  • もうどうしたらいいかわからない

そんなお肌のことでお悩みの方に是非試してみてほしいのがこれ。

化粧水や、何かサプリを飲んだりするわけではありません。
ただ、夜使うものを少し変えるだけです。

>>「こんなので変わるわけないでしょ!」って思っていた私が今は手放せなくなったのがこちら