化粧水が浸透しない悩みから解放されだしたのは・・・

a3

38才頃だったと思います。


化粧水が浸透しなくて悩んでいたのはこんなこと

それまでS化粧品の上位ブランドの商品をシリーズで色々使っていましたが、家事や子育てで肌の手入れも雑になり、また子供の公園遊びなどで肌はボロボロ、真っ黒でシミやしわも目立ち始めていました。

上位ブランドを使っても、価格が高いものを揃えていましたので、勿体ないと思うようになり使っている量も少なかったかもしれません。

とにかく顔色が悪くなってきました。

はりもなく皮膚が硬くなっていたようです。

そんなある日目尻や口の周りの皮膚の薄いところに小さな湿疹が出来ました。

悩んだ末にS化粧品を止めてみようと決心して肌に優しい化粧品を探し始めました。

化粧水が浸透すると実感できるようになったきっかけはこれ

あらゆるデパートの化粧品売り場に出向いて、訳を話し色々な商品のサンプルを試してみました。

頭の中には有名で高級な化粧品が自分の悩みを解決してくれるだろうという高級品志向がありましたので、国内、海外、恥ずかしくもなくサンプルを貰って試していきましたがいまいち納得できるものがありませんでした。

そんな時に出会ったものがデパートの子供用品売り場で見つけたベビーやアトピーの人用の化粧水でした。

石鹸洗顔と化粧水とジェルの3つだけで良いというので使用し、そこで初めて化粧水の浸透を実感しました。

化粧水を浸透させるために注意したポイントと私のこだわりはこんなこと

その会社の化粧品の使い方は、まず泡洗顔です。

ポンプ式の容器で洗顔せっけんが泡で出てくるので泡で丁寧に洗います。

その後化粧水を手のひらに500円硬貨位に出してそのまま手でパンパンとしっかり皮膚を叩くようにつけてあげます。

手で浸透を確認しながら叩くとやがて乾いてきますのでもう一度化粧水を取り繰り返します。

数度繰り返していくとやがて化粧水が入っていかなくなるのが分かってきますので終わりです。

後はジェルで保湿したら完了です。

ポイントはコットンを使わず、手で感触を確かめながら何度も化粧水を惜しみなく使う事です。

化粧水が浸透すると実感するようになってからの私

化粧水が浸透することで、肌の状態が乾燥気味でアトピーのような症状から抜け出すことが出来ました。

最初は化粧水を惜しげもなくパンパンパタパタと沢山の量を使っていましたが、浸透し始めてしっかり肌に入り込むようになってきたら、そんなに何度もつける必要がなくなってきました。

手につけている化粧水が実際に入らなくなってきたのです。

肌はきめが細かくなり顔色も透明感が出てきて皺も目立たなくなりました。

知人からも色が白くなったと言われることが多くなりました。

実は未だにその化粧水を使い続けて25年です。

肌の状態は老化はありますが同年代の人に比べ張りがあり皺も少ないようです。

「化粧水が浸透しない」とお悩みの方へ

化粧水は、高価な化粧水は勿論素晴らしいいものですが、高価だからといって、勿体ないと少しずつ使っても意味がないのだと思います。

そして〇〇クリーム、〇〇ジェルと肌の悩みに特化した色々な商品を買いそろえて頑張っても効果が見えないという方には、基本は洗顔と化粧水と保湿で良いと言いたいです。

化粧水を何度も何度ももうこれ以上入っていかないと言うまでパッティングしてください。

高価なものでなくてもいいです。

惜しげもなく使えるもので構いません。

そうすれば必ず効果が実感できます。

 

何をやっても化粧水が浸透しないという人に

 

 

  • 40代になり化粧水が浸透しなくなった
  • 何をやっても化粧水が入っていかない
  • もうどうしたらいいかわからない

そんなお肌のことでお悩みの方に是非試してみてほしいのがこれ。

化粧水や、何かサプリを飲んだりするわけではありません。
ただ、夜使うものを少し変えるだけです。

>>「こんなので変わるわけないでしょ!」って思っていた私が今は手放せなくなったのがこちら